観葉植物ニューフェイス達をご紹介〜その1〜


観葉植物のお問い合わせをたくさんいただいていたので

お江戸に仕入れに行ってまいりました。


ちょっと面白い子達、変わった子達を入荷しましたよー!


「令和の桃太郎」

2020年頃から急に出てきた令和の桃太郎。この独特な見た目。まるで桃。

このピンクの部分は紅葉した色なんです。

とっても不思議な魅力でいっぱいです。


桃太郎はメセンと呼ばれる多肉の仲間で、脱皮をしながら成長していきます。

どんな桃が出てくるか・・育てるのがとっても楽しい子ですね。

ちなみに「令和の桃子」もいます。


「多肉植物ポット」

色とりどりなぷっくりフォルムがとっても可愛い〜

コチラは入荷の度売れていく人気商品です。



「ミルクブッシュ」

アフリカなどに生息するユーフォルビアの一種。多肉植物のような見た目をしていますが、

成長するに従って段々と硬質化していきます。環境が良ければ小さな黄色い花を咲かせるんですよ。

ピンク色の珊瑚のような姿がとっても可愛いミルクブッシュは140cm程の大きい子と90cm程の子を入荷です。





「スキンダプタス(シラフカズラ)」

スキンダプタスの魅力はなんといっても葉っぱ。

グリーンにシルバーの斑らが入った模様の葉は少し厚みがあり、ビロードの様な質感。

数あるサトイモ科の中で最も美しいと言われています。


ポトスとは違った珍しいハンギングをお探しの方、必見です。





・・・・

ご紹介が長くなりそうなので、続きは


観葉植物ニューフェイス達をご紹介〜その2〜


にて。




閲覧数:569回0件のコメント

最新記事

すべて表示